2段目の引き出しに

瞳が君を見つけたら僕らが始まる

サークルの飲み会にいてほしいジャニーズ10選(前編)


誰しもが1度は夢見たことがあるのではないだろうか。ジャニーズと飲みたい!と。そこで今回私がサークルの飲み会にいて欲しいジャニーズを考えてみた。



いや〜まずはふうまくん。同期のふうまくんはうぇーいって男子たちが騒いでいる中心にはいないんだけど、笑い上戸だからいつもその近くでケラケラ笑ってあいつ馬鹿かよ〜ってウーロンハイ片手にニコニコしてる。私が男子にコールかけられてたら、「なに?こんなんも飲めないの?」って笑いながら寄ってきて、「だってこの量はさすがに無理……」って本気で困ってたらさっとグラスを私から取り上げて飲んでくれて、「この位だったらいけるだろ?」ってニコッとしながら返して欲しい……。うわ、ふうまくんと間接キスだ……なんて思いながらコールに応えて飲み干したら、「やるじゃ〜ん」って言ってもらえるの。周りの男子から「またふうまおまえ〜いいとこもってくよなあ〜!」って言われてもニコニコしながら「だって俺あれ飲みたかったし〜でもひとりじゃ量多いから、あいつと半分こしたんだし〜」って言ってるのを聞いてときめきたい。ちなみにこの後女子が男子にお願いして、ふうまくんと半分こしたいがために女子ひとり飲み切るには辛いだろっていう量でコールしてもらって、ふうまくんに助けてもらうっていう流れが流行る。「なに〜俺と半分こしたいの?」って近寄ってくるふうまさんにおちる後輩女子が多数。


2.有岡大貴(Hey! Say! JUMP)
飲み会には東西のオカダイキは外せないと思っている人間なので、まずは東のオカダイキこと有岡くん!同期の有岡くんはいつもニコニコして輪の中心にいて、そんでもってあの体のどこにそんなお酒が入ってくんだってくらいすごい飲む。最近サークルで流行ってるゲームが、「有岡大貴のこれはまさにゲーム」飲み会で出てきた料理を有岡くんに食べてもらって食リポしてもらうんだけど、最後に「これはまさに……!」って有岡くんが言うからその後の言葉を皆で当てるっていうゲーム。本当に独特な表現をするから全然当たらない。挙げ句の果てに「お前本当に自分の素直な感情で言ってる?俺らが当たらないようにわざと変なの考えてるだろ?」って同期のふうまくんに言われちゃって「そんなことないから〜真剣に考えてるし〜〜」ってちょっと煽る感じで言い返した結果、嫌いな梅酒しか飲ませてもらえなくなる有岡くんを端で笑いながら見ていたい。そしたら端にひとりでいるのに気付いた有岡くんが、「あそこにいると梅酒しかのませてもらえねぇの!」っていいながら来てくれて2人でお話してるんだけど、有岡くんがいると自然と周りに人が集まるから気付いたら自分のいるとこに輪ができててもうひとりじゃなくなってるのに気付いて、何これ手品?すごい!って思ってお礼を言おうとしたら、有岡くんはもういなくて。視線だけで探すと、またひとりになってる子のところに行ってお話してるのを見てなぜかちょっと切なくなるんだけど、でもやっぱり優しいなあって思いたい。


はい、きました。西のオカダイキこと重岡くん!有岡くんとニコイチみたいになってる重岡くんも、やっぱり輪の中心でケラケラしながらお酒飲んでる。そして飲み会の度に「お前もう成人してるだろ!小学生かよ!!」って怒られてる。原因は本当にくだらなくて、甘いのが苦手な男子に「ほら、ウーロンハイやで!」とか言いながらピーチウーロン渡したり、「日本酒の焼酎割りや〜!焼酎の日本酒割りとも言うで!」って変なもの作っては自分で飲んで「まっず!というかきっつ!なんやねんこれ!こんなん作ったの誰やねんまったく、しょーもないことするやつもおるねんな〜〜…………って俺か!……いや誰かツッコんでや!」って1人で喋り倒したりしてるんだけど、飲み会の度に違うことしてるからこいつの引き出しすごいな……って最近は一目置かれ始めた西のオカダイキ。重岡くんはサークル外の友達も多いから、他の飲み会と被ったりして来られない時とかも度々ある。そんな時は居るとうるさいけど居ないと寂しいな……と皆ちょっとしょんぼりする。でも飲み会終了後に駅前のロータリー行くとあの笑い声が聞こえてきて、まさか……って思ってると「お〜お〜お前らが寂しがると思ってな!!来てやったで!!!!主役は遅れて登場や!!!!!」ってこっちに向かってきてやっぱりうるさい。ちなみに「有岡大貴によるこれはまさにゲーム」の正解率が非常に高く、さすが東西のオカダイキと讃えられてる。「せやから言うてるやろ〜俺とアリーは生き別れた兄弟やねんて!」


4.岸優太(ジャニーズJr)
みんなの後輩岸くん!後輩の岸くんは同期からも先輩からも超可愛がられて、かまわれて。頭はちょっと弱いけど一般教養があって、いつも先輩を立てつつそれでいて媚びない岸くんがみんな大好き!大好きだからこそいじめちゃう!的なポジション。「岸〜これ飲んでみろよ〜〜」って先輩から渡された絶対に怪しいだろ…って飲み物も「なんすかこれ!あざっす!いいんすか!!え、でもこれなんか色おかしくないっすか!?大丈夫っすか!?お腹痛くなったりしません!?」っていいながら飲む岸くん。いや飲むのかよ。色おかしいって気付いてるじゃん、あと一歩踏み込めよ……って半分呆れつつそんな岸くんを眺めながらお酒を飲みたい。岸くんをぼーっと見てたら「せんぱーい!何飲んでるんすか!え!先輩そんなカシオレなんて飲んで、なに女の子ぶってるんすか!」ってものすごいテンションでこっちにやって来るから、「テンションと顔がうるさいよ……ほらあっちで重岡が呼んでるよ?」って言うと、「いやいや顔がうるさいってなんすか!今日先輩と絡んでないなーと思って!それだけです!じゃ!」とか言って嵐のように去ってく岸くんを見て呆れつつまたぼーっとお酒を飲みたい。


見た目はヤンキーで怖そうなのに、実はめちゃくちゃ人見知りでシャイな後輩上田くん。上田くんはいつも同期の中丸くんと一緒にいて、飲み会の時もなぜだかいつも中丸くんは上田くんの近くで上田くんを見張っている。最初はみんな「上田くん、酔っ払うと暴れちゃうのかな……」なんて思っていたがそんなことも無く、ただただ中丸くんが上田くんの近くにいたいだけということが判明し、ほっと胸をなでおろしたりもした。今日はそんな中丸くんが妹のお誕生日会のため飲み会を欠席!珍しく上田くんがひとりで参加!こんな機会はないと皆張り切っちゃう。「ひとりで大丈夫〜?楽しい?」と声をかけると、「はい!皆さん優しいしおもしろいし、楽しいっす!気にかけてもらってすみません、ありがとうございます!嬉しいっす!」ってはにかんでくれる上田くん超かわいい。そんな姿に母性本能をくすぐられた先輩女子にモテモテで、可愛がられる上田くん超かわいい。いつも上田くんと話そうもんなら、どこからか中丸くんが寄ってきて話にならないので、今度からはまず中丸くんを酔わせてゆっくり上田くんとお話しようとみんな心に決めた。





は〜〜ただの妄想でしかないけど超楽しかった!そして予想以上に長くなってしまった!笑
これは後編に持ち越そう〜